リリースノート(3.0.x)

WEXAL® Page Speed Technology(以下、PST)の新機能と以前のバージョンからの変更点です。

3.0.2

新機能

  • 新しいバージョンのPSTがリリースされている際に、PST Managerにメッセージが表示されるようになりました。

3.0.1

改善

  • PST Managerでプロファイルが存在しない際に何も表示されなくなる不具合を修正しました。
  • PST Managerのメッセージや文言を修正しました。
  • pst initコマンドがhttpd用の設定ファイルをpst適用前に戻すように修正しました。

変更点

  • kusanagi-gifsicleに替えてgifsicleを使うようになりました。

3.0.0

新機能

  • サーバ(Global)とプロファイル(Profile)で分かれていたPSTのバージョンを統一しました。
  • サーバのPSTを一括で更新できるようになりました。バージョンアップ毎に必要だったpst initコマンドの実行が今後は不要になります。ただし、PST 2系 から PST 3系 へアップデートする初回のpst initコマンドは必要です。
  • リソースヒントの変更が最適化戦略の再生成を待たずに即座に適用されるようになりました。
  • PST Managerが新しくなりました。
    • UIを改善しました。
    • 「高速化戦略モード」を「スマートモード」「エキスパートモード」「デベロッパーモード」に刷新しました。
    • 最適化戦略の無効設定を分かりやすくしました。
    • engagement delayディレクティブでの戦略AI Davidの適用状況が分かるようになりました。
    • システム共通のログが確認できるようになりました。
  • pstコマンドが新しくなりました。
    • Pythonでリファクタリングしました。コマンドのオプションの一覧やエラーを検出できるようになりました。
    • kusanagiユーザで実行できるようになりました。
    • pstコマンドの最後にプロファイル名を指定できるようになりました。

変更点

  • wpディレクティブは廃止になりました。luaディレクティブを使用してください。
  • httpdはサポート対象外になりました。nginxを使用してください。
  • 各プロファイルのpage_speed_technologyディレクトリは廃止になりました。
  • PST Managerの「ステージング」は廃止になりました。変更を保存すると即座に適用されます。