PST Manager マニュアル

※WEXAL® Page Speed Technology(以下、PST)のPST Managerを利用される場合は、PSTのバージョンを 3.0 以上にアップデートの上、全プロファイルを最新のバージョンに更新してください。

PST Manager の利用開始まで

PST Manager の利用開始手順は、以下をご参照ください。

PST Manager ご利用開始手順(最初のステップ)

PST Manager でできること

以下をご参照ください。

PST Manager でできること

PST Manager 画面説明

共通Dashboard

共通Dashboard

各プロファイル共通のダッシュボードです。PST Managerをご利用いただく上でのマニュアル、設定対象のプロファイル一覧、更新情報などが確認できます。

確認できる情報

  1. PSTのマニュアル
  2. プロファイルの一覧
  3. PSTの更新情報(モジュール、公式最新情報)

基本設定(ペインメニュー)

基本設定

対象プロファイルにおいて、以下の操作を行うことができます。

  1. PST、リソース監視、モードの設定
  2. リソースの最適化の詳細設定
  3. リソースの最適化の実行
  4. 最適化済リソースの削除

スマートモード (ペインメニュー)

スマートモード設定

対象プロファイルにおいて、以下の詳細設定を行うことができます。

  1. 最適化戦略無効設定
  2. engagement delay適用除外設定

エキスパートモード (ペインメニュー)

エキスパートモード設定(上部)
エキスパートモード設定(下部)

対象プロファイルにおいて、以下の詳細設定を行うことができます。

1. 最適化戦略無効設定
2. ディレクティブ除外設定
3. engagement delay適用除外設定

ログ(ペインメニュー)

PSTログ
アクセスログ(Webサーバ)
エラーログ(Webサーバ)

対象プロファイルにおいて、各種ログの確認を行うことができます。

  1. PSTログ(/home/kusanagi/[profile]/log/pst/page_speed_technology.log)
  2. アクセスログ(WEBサーバ)(/home/kusanagi/[profile]/log/[WebServer]/(ssl_)access.log)
  3. エラーログ(WEBサーバ) (/home/kusanagi/[profile]/log/[WebServer]/(ssl_)error.log)

PST Manager 利用手順

PSTステータス

各プロファイルの基本設定ペイン上部にある、2つのスイッチとモードでPSTを制御します。

基本設定のPSTステータス

PST

PST 自体の機能の ON/OFF を制御します。 OFFに設定すると、PST Managerで設定した内容は反映されません。

リソース監視

PST のリソース監視サービス(watch)の ON/OFF を制御します。該当のプロファイルをリアルタイムに監視し、リソースの変化に応じて最適化戦略に実行を指示します。(ドキュメント:watch

モード

スマートモード、エキスパートモード、デベロッパーモードより選択します。

リソースの最適化の設定

リソースの最適化

この設定により、リソースの最適化から除外したいリソースの種類とパス、画像の圧縮レベルを変更できます。

最適化設定にて、画像、CSS、JSの3種類のチェックボックスのON/OFFで、有効/無効を設定します。画像圧縮レベルには、1から100の値を設定し画像圧縮レベルを指定します。低い値ほど圧縮されてファイルサイズが小さくなりますが、画質が劣化します。全体除外には、PSTの最適化対象に含めないディレクトリをプロファイルのDocumentRootからの絶対パスで指定します。設定変更を行った場合は、「設定を保存」ボタンより設定を保存します。

リソースを最適化

全てのリソースを対象に、上記の「リソースの最適化」設定に基づきリソース最適化を実行します。なお、優先的に特定のリソースを最適化したい場合、「最優先でリソース最適化」チェックをONにし、フォルダやファイルへのパスを指定し、「リソースを最適化」を実行します。

最適化済リソースの削除

この設定より、期間とリソースを指定して、最適化済のリソースを削除することができます。

期間を指定して最適化済コンテンツを削除

年、月、日、時、分単位を指定します。「より古いリソースを削除」ボタンより、指定期間より古い最適化済リソースを削除します。最適化コンテンツの作成日は、オリジナルのコンテンツの作成日と同じです。

リソースを指定して最適化済コンテンツを削除

削除したいフォルダやファイルへのパスを指定し、「最適化済リソースを削除」を実行します。なお、最適化除外リソースのみ削除したい場合、「最適化除外リソースのみ削除」チェックをONにし、「最適化済リソースを削除」を実行します。

PST Manager FAQ

画像圧縮レベル[quality]を変更した場合、再度最適化が必要ですか?

はい、再度「リソースを最適化」の実行が必要です。

リソースの最適化設定の、画像圧縮レベルを変更した場合、既存の最適化済リソースを、再度最適化し直す必要があります。「最適化済リソースの削除」の「リソースを指定して最適化済リソースを削除」に、対象のディレクトリ(全てであればスラッシュ / )を指定し、「最適化済リソースを削除」を実行します。その後、「リソースの最適化」に対象のディレクトリ(全てであればスラッシュ / )を指定して、「リソースを最適化」を実行します。

ドキュメント:workerのディレクティブ

最適化除外[exclude]設定を指定した場合、再度最適化が必要ですか?

いいえ、再度「リソースを最適化」の実行は必要ありませんが、「最適化リソースを削除」が必要です。

リソースの最適化設定の 画像、CSS、JavaScript にある 最適化除外[exclude]を変更した場合、 設定を保存し、 「最適化済コンテンツの削除」の「リソースを指定して最適化済リソースを削除」に、対象のディレクトリ(全てであればスラッシュ / )を指定し、「最適化除外リソースのみ削除」オプションにチェックを入れ、「最適化リソースを削除」を実行します。

ドキュメント:workerディレクティブ

手動でPSTの設定ファイルを作成したいですが・・・?

ドキュメントを参照いただき、設定ファイル(pst.config.yaml)を手動で作成、編集してください。