初めて使う場合 - PSTコマンドで設定する(3.0.0)

モジュールをアップデートする

WEXAL® Page Speed Technology(以下、PST)を利用する際は、常に最新版を使うようにしてください。最新版では、不具合の修正、セキュリティアップデート、Web技術の進化に伴う変更を逐次反映しています。アップデートにはroot権限が必要です。

$ sudo yum update kusanagi-prem3

または

$ su -
[root@kusanagi8 ~]# yum update kusanagi-prem3

なお、以下のメッセージが表示される場合、PST(3.x)がインストールされていません。詳細は以前のPST(2.x)から移行する場合を参照してください。

パッケージ kusanagi-prem3 は利用できますが、インストールしませんでした。
No packages marked for update

または

Package(s) kusanagi-prem3 available, but not installed.
No packages marked for update

プロファイルの初期設定を行う

PSTを有効化したいKUSANAGIのプロファイルに対して初期設定をします。初期設定はpst initコマンドで行います。プロファイルの指定はpstコマンドの末尾に指定します。あるいは、プロファイルのディレクトリにカレントディレクトリを移動してコマンドを実行することも可能です。

pstコマンドはkusanagiユーザー、または、root権限が必要です。複数のプロファイルに対してPSTを有効化したい場合は、プロファイル毎に初期設定をしてください。

[kusanagi@kusanagi8 ~]$ pst init プロファイル名

または

[kusanagi@kusanagi8 ~]$ cd /home/kusanagi/プロファイル名
[kusanagi@kusanagi8 プロファイル名]$ pst init

PSTの初期設定が完了すると、PST ManagerのURLが表示されます。

pst watch stopped.
pst watch started.
Info: open WEXAL manager form http://xxx.xxx.xxx.xxx:61000

以降の手順は、PST Managerから行うこともできます。PST Managerから行う場合は 初めて使う場合 - PST Managerで設定する を参照してください。

PSTを有効化する

PSTの初期設定を完了したプロファイルに対して、PSTを有効化します。PSTの有効化はpst onコマンドで行います。プロファイルの指定はpstコマンドの末尾に指定します。あるいは、プロファイルのディレクトリにカレントディレクトリを移動してコマンドを実行することも可能です。pstコマンドはkusanagiユーザー、または、root権限が必要です。

[kusanagi@kusanagi8 ~]$ pst on プロファイル名

または

[kusanagi@kusanagi8 ~]$ cd /home/kusanagi/プロファイル名
[kusanagi@kusanagi8 プロファイル名]$ pst on

PSTステータスを確認する

PSTが有効になっているか確認します。PSTステータスの表示はpst statusコマンドで行います。プロファイルの指定はpstコマンドの末尾に指定します。あるいは、プロファイルのディレクトリにカレントディレクトリを移動してコマンドを実行することも可能です。pstコマンドはkusanagiユーザー、または、root権限が必要です。

[kusanagi@kusanagi8 ~]$ pst status プロファイル名
WEXAL Page Speed Technology = on
Watch = on

または

[kusanagi@kusanagi8 ~]$ cd /home/kusanagi/プロファイル名
[kusanagi@kusanagi8 プロファイル名]$ pst status
WEXAL Page Speed Technology = on
Watch = on

PSTの設定を変更する

PSTの設定は設定ファイルを編集することで変更できます。フォーマットはYAML形式です。設定ファイルはプロファイルのディレクトリにあるwexal/pst.config.yamlです。詳細はPST設定ファイルを参照してください。

リソースを最適化する

PSTではリソース監視サービス(watch)がプロファイルにおけるリソースの変更を監視して、更新に応じて画像、スクリプト、スタイルシートから最適化済リソースファイルを生成します。しかし、PSTの初期設定を行う前よりプロファイルに存在するリソースに関しては、そのリソースが更新されるまで最適化済リソースファイルが生成されません。そのため、プロファイルのリソースを対象に最適化済リソースファイルを生成する必要があります。

リソースの最適化はpst optコマンドで行います。プロファイルの指定はpstコマンドの末尾に指定します。あるいは、プロファイルのディレクトリにカレントディレクトリを移動してコマンドを実行することも可能です。pstコマンドはkusanagiユーザー、または、root権限が必要です。

リソースのファイル数が多い場合は、最適化に時間がかかります。最適化を行う対象ディレクトリを限定することで、最適化にかかる時間を短縮することができます。また、pst optコマンドに替えて、pst opt imageコマンド、pst opt jsコマンド、pst opt cssコマンドを使い、最適化の対象リソースを限定することでも、最適化にかかる時間を短縮することができます。詳細はPSTコマンドを参照してください。

[kusanagi@kusanagi8 ~]$ pst opt プロファイル名

または

[kusanagi@kusanagi8 ~]$ cd /home/kusanagi/プロファイル名
[kusanagi@kusanagi8 プロファイル名]$ pst opt

リソース最適化の進行状況の確認はpst queueコマンドで行います。pstコマンドはkusanagiユーザー、または、root権限が必要です。

[kusanagi@kusanagi8 ~]$ pst queue

リソース最適化サービス(optimizer)のキューである「optimizer」が0であれば、最適化が完了しています。また、プロファイルのディレクトリにあるwexal/optdir配下に最適化済リソースファイルがあるか確認してください。以下は2021年8月にアップロードした画像の最適化済リソースを確認する例です。

[kusanagi@kusanagi8 ~]$ ls -l /home/kusanagi/プロファイル名/wexal/optdir/wp-content/uploads/2021/08
-rw-r--r--. 1 root root 106707  8月  3 09:50 img1-1024x640.jpg
-rw-r--r--. 1 root root  44520  8月  3 09:50 img1-1024x640.jpg.webp
-rw-r--r--. 1 root root 137492  8月  3 09:50 img1-1200x750.jpg
-rw-r--r--. 1 root root  57288  8月  3 09:50 img1-1200x750.jpg.webp
-rw-r--r--. 1 root root   7489  8月  3 09:50 img1-150x150.jpg
-rw-r--r--. 1 root root   3782  8月  3 09:50 img1-150x150.jpg.webp
-rw-r--r--. 1 root root 204712  8月  3 09:50 img1-1536x960.jpg
-rw-r--r--. 1 root root  82396  8月  3 09:50 img1-1536x960.jpg.webp
-rw-r--r--. 1 root root  14863  8月  3 09:50 img1-300x188.jpg
-rw-r--r--. 1 root root   6956  8月  3 09:50 img1-300x188.jpg.webp
-rw-r--r--. 1 root root  66012  8月  3 09:50 img1-768x480.jpg
-rw-r--r--. 1 root root  27914  8月  3 09:50 img1-768x480.jpg.webp
-rw-r--r--. 1 root root 252283  8月  3 09:50 img1.jpg
-rw-r--r--. 1 root root 103324  8月  3 09:50 img1.jpg.webp