書式

workerディレクティブは以下の形式で記述します。

説明
cmd実行するworkerディレクティブ名を指定します。スカラーworkerディレクティブ名を指定します。
args実行するworkerディレクティブのパラメータを指定します。
argsノードの記述を省略すると、デフォルトで動作します。
マッピングパラメータを指定します。
利用できるパラメータは、指定したworkerディレクティブにより異なります。
各workerディレクティブを参照してください。
applyworkerディレクティブを適用するパス、または条件を指定します。
省略した場合は、global_excludeに指定されたパス以外の全てのコンテンツに
対して有効となります。
シーケンスパスを指定します。正規表現を使用することもできます。
excludeworkerディレクティブの適用を除外するパス、または条件を指定します。
省略した場合は、global_excludeに指定されたパス以外の全てのコンテンツに
対して有効となります。
シーケンスパスを指定します。正規表現を使用することもできます。

worker:
  images:
  - cmd: workerディレクティブ1
    args:
    - パラメータ1
    - パラメータ2
    apply:
    - ^/$
  - cmd: workerディレクティブ2
    args:
    - パラメータ1
    - パラメータ2
    exclude:
    - /wp-content/plugins

images のディレクティブ

WEXAL® Page Speed Technologyの画像最適化における、デフォルトの画像最適化の方法を指定します。詳細はディレクティブで指定します。
複数のworkerディレクティブを指定することができますが、同じパスを指定した場合、最初にマッチした最適化方法が適用されます。
なお、ディレクティブを省略することで、画像最適化を無効にすることができます。

optimize

画像最適化を行います。

パラメータ

マッピング

ノード説明
formats画像最適化を適用するフォーマットを指定します。シーケンスpng:pngファイルの最適化を行います。
jpg:jpg/jpegファイルの最適化を行います。
gif:gifファイルの最適化を行います。
webp:最適化したファイルとしてWebPファイルを出力します。
jp2:最適化ファイルとしてJPEG2000ファイルを出力します。
jxr:最適化ファイルとしてJXRファイルを出力します。
resize 画像の最大解像度を指定します。縦、あるいは横の値が指定した値を越える場合、指定した最大解像度に収まるようにアスペクト比を維持して縮小します。画像を縮小することでファイルサイズが小さくなります。 スカラー 解像度を指定します。省略した場合はリサイズしません。
quality画像圧縮レベルを指定します。低い値ほど圧縮されてファイルサイズが小さくなりますが、画質が劣化します。スカラー1から100の値を指定します。省略した場合は変更しません。
strip画像に含まれるメタデータやコメントを削除します。画像表示に直接関係しないデータを減らすことで、ファイルサイズが小さくなります。スカラーtrue または false を指定します。省略した場合は変更しません。
gif_lossyGIF画像を圧縮する際、許容する圧縮アーティファクトを指定します。値を大きくすると、ファイルサイズが小さくなりますが、圧縮アーティファクトが多くなります。スカラー30から200の値を指定します。省略した場合は変更しません。
webp_lossyWebP画像の画像圧縮レベルを指定します。低い値ほど圧縮されてファイルサイズが小さくなりますが、画質が劣化します。スカラー1から100の値を指定します。省略した場合は変更しません。


以下の例では、 /test/ 内の .png 以外の画像の最適化でリサイズ1920x1080と画像圧縮レベル60を適用し、 /test/ 外の全ての画像、および、 /test/ 内の .png にリサイズ無効・画像圧縮レベル90を適用します。

worker:
  images:
  - cmd: optimize
    args:
      formats:
      - png
      - jpg
      - gif
      - webp
      resize: 1920x1080
      quality: 60
      strip: true
      gif_lossy: 80
      webp_lossy: 50
    apply:
    - /test/
    exclude:
    - .png
  - cmd: optimize
    args:
      formats:
      - png
      - jpg
      - gif
      - webp
      quality: 90
      strip: true
      gif_lossy: 80
      webp_lossy: 50
    apply:
    - .

scripts のディレクティブ

WEXAL® Page Speed TechnologyのJavaScript最適化の方法を設定します。ここで指定した最適化は、拡張子がjsのコンテンツに適用されます。
複数のworkerディレクティブを指定できますが、同じパスを指定した場合、最初にマッチした最適化方法が適用されます。
なお、ディレクティブを省略することで、JavaScript最適化を無効にすることができます。

optimize

JavaScript最適化を行います。

パラメータ

マッピング

ノード説明
ie11IE11向けのJavaScript最適化を有効にします。スカラーtrue または false を指定します。省略した場合は false です。
ie11_abIE11向けに複数の方法でJavaScript最適化するA/Bテストを実施し、よりファイルサイズが小さくなる方を適用します。比較対象はie11_cpで指定したアプリケーションです。スカラーtrue または false を指定します。省略した場合は false です。


以下の例では、 /test/ 内の /test/ie 以外のJavaScriptにIE11向け最適化を適用し、 /test/ 外の全てのJavaScript、および、 /test/ie 内のJavaScriptにIE11向け最適化を無効にして最適化を適用します。

worker:
  scripts:
  - cmd: optimize
    args:
      ie11: true
      ie11_ab: true
    apply:
    - /test/
    exclude:
    - /test/ie
  - cmd: optimize
    args:
    apply:
    - .

stylesheets のディレクティブ

WEXAL® Page Speed Technologyのスタイルシート最適化の方法を設定します。ここで指定した最適化は、拡張子がcssのコンテンツに適用されます。
複数のworkerディレクティブを指定できますが、同じパスを指定した場合、最初にマッチした最適化方法が適用されます。
なお、ディレクティブを省略することで、スタイルシート最適化を無効にすることができます。

optimize

スタイルシート最適化を行います。

パラメータ

マッピング

ノード説明
ie11IE11向けのスタイルシート最適化を有効にします。スカラーtrue または false を指定します。省略した場合は false です。
ie11_abIE11向けに複数の方法でスタイルシート最適化するA/Bテストを実施し、よりファイルサイズが小さくなる方を適用します。比較対象はcompilerで指定したアプリケーションです。スカラーtrue または false を指定します。省略した場合は false です。


以下の例では、 /test/ 内の /test/ie 以外のスタイルシートにIE11向け最適化を適用し、 /test/ 外の全てのスタイルシート、および、 /test/ie 内のスタイルシートにIE11向け最適化を無効にして最適化を適用します。

worker:
  stylesheets:
  - cmd: optimize
    args:
      ie11: true
      ie11_ab: true
    apply:
    - /test/
    exclude:
    - /test/ie
  - cmd: optimize
    args:
    apply:
    - .