書式

workerディレクティブは以下の形式で記述します。

説明
cmd 実行するworkerディレクティブ名を指定します。 スカラー workerディレクティブ名を指定します。
args 実行するworkerディレクティブのパラメタを指定します。
argsノードの記述を省略すると、デフォルトで動作します。
マッピング パラメタを指定します。
パラメタは指定したworkerディレクティブにより異なります。
各workerディレクティブを参照してください。
apply workerディレクティブの適用するパス、または、条件を指定します。
省略した場合は、global_excludeに指定されたパス以外の全てのコンテンツに
対して有効となります。
シーケンス パスを指定します。正規表現を使用することもできます。
exclude workerディレクティブの適用を除外するパス、または、条件を指定します。
省略した場合は、global_excludeに指定されたパス以外の全てのコンテンツに
対して有効となります。
シーケンス パスを指定します。正規表現を使用することもできます。

worker:
  img:
    '':
    - cmd: workerディレクティブ1
      args:
      - パラメタ1
      - パラメタ2
      apply:
      - ^/$
    - cmd: workerディレクティブ2
      args:
      - パラメタ1
      - パラメタ2
      exclude:
      - /wp-content/plugins

img : "" のディレクティブ

Page Speed Technologyの画像最適化における、デフォルトの画像最適化の方法を指定します。ここで指定した最適化は拡張子がjpeg, jpg, png, gifの画像コンテンツに適用されます。
複数のworkerディレクティブを指定できますが、同じパスに対しては最初にマッチした最適化方法が適用されます。

auto

デフォルトの方法で画像最適化を行います。複数の最適化方法を用いたA/Bテストを実施するため、最適化に時間を要します。

パラメタ

マッピング

ノード 説明
quality 画像圧縮レベルを指定します。低い値ほど圧縮されてファイルサイズが小さくなりますが、画質が劣化します。 スカラー 1-100の値で指定します。デフォルトは60です。
resize 画像のリサイズ後の大きさを指定します。縦、あるいは、横が指定したサイズを越える場合、指定したサイズに収まるようにアスペクト比を維持して縮小します。画像を必要なサイズに縮小することでファイルサイズを小さくできます。 スカラー 解像度で指定します。デフォルトは1920x1080です。
strip 画像に含まれるメタデータやコメントを削除します。画像表示に直接関係しないデータを減らすことで、ファイルサイズを小さくします。 スカラー true または false で指定します。デフォルトはtrueです。
jpegtran JPEG画像を最適化する圧縮アルゴリズムを指定します。適用する圧縮アルゴリズムによっては、ファイルサイズを小さくできます。 スカラー ab:プログレッシブと非プログレッシブでA/Bテストを実施し、よりファイルサイズが小さくなる方を適用します。
progressive:プログレッシブを適用します。
revert:非プログレッシブを適用します。
false:圧縮アルゴリズムの最適化をしません。
デフォルトは ab です。
pngquant PNG画像を非可逆圧縮アルゴリズムで最適化します。非可逆圧縮アルゴリズムを適用することで、ファイルサイズを小さくします。 スカラー true または false で指定します。デフォルトはtrueです。
optipng PNG画像を最適化する圧縮アルゴリズムを指定します。複数の圧縮を試みて最適なアルゴリズムを探すことで、ファイルサイズを小さくします。 スカラー o0o7:最適化レベルを指定します。高い値ほど最適化できますが、実行時間が長くなります。
false:圧縮アルゴリズムの最適化をしません。
デフォルトは o3 です。
gif_lossy GIF画像を圧縮する際、許容する圧縮アーティファクトを指定します。値を大きくすると、ファイルサイズが小さくなりますが、圧縮アーティファクトが多くなります。 スカラー 30から200の値を指定します。デフォルト値は80です。

fast

高速な方法で画像最適化を行います。あらかじめ決められた最適化方法を用いることで最適化にかかる時間を短縮しています。

パラメタ

マッピング

ノード 説明
quality autoを参照してください。 スカラー 1-100の値で指定します。デフォルトは60です。
resize autoを参照してください。 スカラー 解像度で指定します。デフォルトは1920x1080です。
strip autoを参照してください。 スカラー true または false で指定します。デフォルトはtrueです。
jpegtran autoを参照してください。 スカラー ab:プログレッシブと非プログレッシブでA/Bテストを実施し、よりファイルサイズが小さくなる方を適用します。
progressive:プログレッシブを適用します。
revert:非プログレッシブを適用します。
false:圧縮アルゴリズムの最適化をしません。
デフォルトは false です。
pngquant autoを参照してください。 スカラー true または false で指定します。デフォルトはtrueです。
optipng autoを参照してください。 スカラー o0o7:最適化レベルを指定します。高い値ほど最適化できますが、実行時間が長くなります。
false:圧縮アルゴリズムの最適化をしません。
デフォルトは false です。
gif_lossy autoを参照してください。 スカラー 30から200の値を指定します。デフォルト値は80です。


以下の例では、 /test/ 内の .png 以外の画像にautoを適用し、 /test/ 外の全ての画像、および、 /test/ 内の .png にfastを適用します。

worker:
  img:
    "":
    - cmd: auto
      args:
        quality: 60
        resize: 1920x1080
        strip: true
        jpegtran: ab
        pngquant: true
        optipng: o3
      apply:
      - /test/
      exclude:
      - .png
    - cmd: fast
      args:
        quality: 60
        resize: 1920x1080
        strip: true
        jpegtran: false
        pngquant: true
        optipng: false
      apply:
      - .

img : .webp のディレクティブ

Page Speed Technologyの画像最適化における、WebP画像フォーマットの画像最適化の方法を指定します。ここで指定した最適化は拡張子がjpeg, jpg, png, gifの画像コンテンツに適用されます。
複数のworkerディレクティブを指定できますが、同じパスに対しては最初にマッチした最適化方法が適用されます。

auto

デフォルトの方法で画像最適化を行います。複数の最適化方法を用いたA/Bテストを実施するため、最適化に時間を要します。

パラメタ

マッピング

ノード 説明
quality 画像圧縮レベルを指定します。低い値ほど圧縮されてファイルサイズが小さくなりますが、画質が劣化します。 スカラー 1-100の値で指定します。デフォルトは60です。
m 画像を最適化する圧縮アルゴリズムを指定します。複数の圧縮を試みて最適なアルゴリズムを探すことで、ファイルサイズを小さくします。 スカラー 06:最適化レベルを指定します。高い値ほど最適化できますが、実行時間が長くなります。
デフォルトは 6 です。
mt マルチスレッド処理による最適化を有効にします。これにより実行時間を短かくすることができます。 スカラー true または false で指定します。デフォルトはtrueです。
webp_ab GIF画像圧縮の際、オリジナルのGIF画像をwebpに圧縮したものと、gif圧縮したうえでさらにwebpに圧縮したものを比較するA/Bテストを実施し、よりファイルサイズが小さくなる方を適用します。 スカラー true または false で指定します。デフォルトはtrueです。
webp_lossy webp_abがtrueの場合、非ブロック化フィルターの強度を指定します。値を大きくすると、画像のデコード後に適用されるフィルタリングプロセスの強度が高くなります。 スカラー 0から100の値を指定します。デフォルト値は50です。
webp_quality webp_abがtrueの場合、RGBチャネルの圧縮係数を指定します。値を小さくすると圧縮速度は速くなりますが、ファイルは大きくなります。 スカラー 0から100の値を指定します。デフォルト値は60です。

fast

高速な方法で画像最適化を行います。あらかじめ決められた最適化方法を用いることで最適化にかかる時間を短縮しています。

パラメタ

マッピング

ノード 説明
quality autoを参照してください。 スカラー 1-100の値で指定します。デフォルトは60です。
m autoを参照してください。 スカラー 06:最適化レベルを指定します。高い値ほど最適化できますが、実行時間が長くなります。
デフォルトは 4 です。
mt autoを参照してください。 スカラー true または false で指定します。デフォルトはtrueです。
webp_ab autoを参照してください。 スカラー true または false で指定します。デフォルトはfalseです。
webp_lossy autoを参照してください。 スカラー 0から100の値を指定します。デフォルト値は50です。
webp_quality autoを参照してください。 スカラー 0から100の値を指定します。デフォルト値は60です。


以下の例では、 /test/ 内の .png 以外の画像にautoを適用し、 /test/ 外の全ての画像、および、 /test/ 内の .png にfastを適用します。

worker:
  img:
    .webp:
    - cmd: auto
      args:
        quality: 60
        m: 6
        mt: true
      apply:
      - /test/
      exclude:
      - .png
    - cmd: fast
      args:
        quality: 60
        m: 4
        mt: true
      apply:
      - .

img : .jp2 のディレクティブ

Page Speed Technologyの画像最適化における、JPEG 2000画像フォーマットの画像最適化の方法を指定します。ここで指定した最適化は拡張子がjpeg, jpg, pngの画像コンテンツに適用されます。
複数のworkerディレクティブを指定できますが、同じパスに対しては最初にマッチした最適化方法が適用されます。

auto

デフォルトの方法で画像最適化を行います。複数の最適化方法を用いたA/Bテストを実施するため、最適化に時間を要します。

パラメタ

マッピング

ノード 説明
quality 画像圧縮レベルを指定します。低い値ほど圧縮されてファイルサイズが小さくなりますが、画質が劣化します。 スカラー 1-100の値で指定します。デフォルトは60です。
numrlvls 画像を最適化する解像度レベル(resolution level)を指定します。 スカラー 1以上の整数で解像度レベルを指定します。デフォルトは 16 です。
ab 解像度レベルによるA/Bテストを実施し、よりファイルサイズが小さくなる方を適用します。比較対象はnumrlvlsで指定した値と6になります。 スカラー true または false で指定します。デフォルトはtrueです。

fast

高速な方法で画像最適化を行います。あらかじめ決められた最適化方法を用いることで最適化にかかる時間を短縮しています。

パラメタ

マッピング

ノード 説明
quality autoを参照してください。 スカラー 1-100の値で指定します。デフォルトは60です。
numrlvls autoを参照してください。 スカラー 1以上の整数で解像度レベルを指定します。デフォルトは 6 です。
ab autoを参照してください。 スカラー true または false で指定します。デフォルトはfalseです。


以下の例では、 /test/ 内の .png 以外の画像にautoを適用し、 /test/ 外の全ての画像、および、 /test/ 内の .png にfastを適用します。

worker:
  img:
    .jp2:
    - cmd: auto
      args:
        quality: 60
        numrlvls: 16
        ab: true
      apply:
      - /test/
      exclude:
      - .png
    - cmd: fast
      args:
        quality: 60
        numrlvls: 6
        ab: false
      apply:
      - .

img : .jxr のディレクティブ

Page Speed Technologyの画像最適化における、JPEG XR画像フォーマットの画像最適化の方法を指定します。ここで指定した最適化は拡張子がjpeg, jpg, pngの画像コンテンツに適用されます。
複数のworkerディレクティブを指定できますが、同じパスに対しては最初にマッチした最適化方法が適用されます。

auto

デフォルトの方法で画像最適化を行います。複数の最適化方法を用いたA/Bテストを実施するため、最適化に時間を要します。

パラメタ

マッピング

ノード 説明
quality 画像圧縮レベルを指定します。低い値ほど圧縮されてファイルサイズが小さくなりますが、画質が劣化します。 スカラー 1-100の値で指定します。デフォルトは60です。
F flexbitsの除去による最適化を指定します。flexbitsを除去することでファイルサイズを小さくします。 スカラー 015:最適化レベルを指定します。0では除去しません。15では全て除去します。
デフォルトは 3 です。
l オーバラッピング(overlapping)による最適化を有効にします。 スカラー 0:overlappingを使用しません。
1:one level overlappingで最適化します。
2:two level overlappingで最適化します。
デフォルトは 1 です。
ab 解像度レベルによるA/Bテストを実施し、よりファイルサイズが小さくなる方を適用します。比較対象はFとlがそれぞれ指定した値と3, 2になります。 スカラー true または false で指定します。デフォルトはtrueです。

fast

高速な方法で画像最適化を行います。あらかじめ決められた最適化方法を用いることで最適化にかかる時間を短縮しています。

パラメタ

マッピング

ノード 説明
quality autoを参照してください。 スカラー 1-100の値で指定します。デフォルトは60です。
F autoを参照してください。 スカラー 015:最適化レベルを指定します。0では除去しません。15では全て除去します。
デフォルトは 0 です。
l autoを参照してください。 スカラー 0:overlappingを使用しません。
1:one level overlappingで最適化します。
2:two level overlappingで最適化します。
デフォルトは 1 です。
ab autoを参照してください。 スカラー true または false で指定します。デフォルトはfalseです。


以下の例では、 /test/ 内の .png 以外の画像にautoを適用し、 /test/ 外の全ての画像、および、 /test/ 内の .png にfastを適用します。

worker:
  img:
    .jxr:
    - cmd: auto
      args:
        quality: 60
        F: 3
        l: 1
        ab: true
      apply:
      - /test/
      exclude:
      - .png
    - cmd: fast
      args:
        quality: 60
        F: 0
        l: 1
        ab: false
      apply:
      - .

js のディレクティブ

Page Speed TechnologyのJavaScript最適化の方法を設定します。ここで指定した最適化は拡張子がjsのコンテンツに適用されます。
複数のworkerディレクティブを指定できますが、同じパスに対しては最初にマッチした最適化方法が適用されます。

auto

デフォルトの方法でJavaScript最適化を行います。複数の最適化方法を用いたA/Bテストを実施するため、最適化に時間を要します。

パラメタ

マッピング

ノード 説明
compiler JavaScript最適化に用いるアプリケーションを指定します。 スカラー デフォルトはGoogle Closure Compilerとterserです。変更できません。
level 最適化のレベルを指定します。 スカラー デフォルトはWHITESPACE_ONLYです。変更できません。
ab 複数のJavaScript最適化アプリケーションによるA/Bテストを実施し、よりファイルサイズが小さくなる方を適用します。比較対象はcompilerで指定したアプリケーションになります。 スカラー true または false で指定します。デフォルトはtrueです。
ie11 IE11向けのJavaScript最適化を有効にします。 スカラー true または false で指定します。デフォルトはtrueです。
ie11_cp IE11向けのJavaScript最適化に用いるアプリケーションを指定します。 スカラー デフォルトはbabelです。変更できません。
ie11_ab IE11向けに複数の方法でJavaScript最適化するA/Bテストを実施し、よりファイルサイズが小さくなる方を適用します。比較対象はie11_cpで指定したアプリケーションになります。 スカラー true または false で指定します。デフォルトはtrueです。

fast

高速な方法でJavaScript最適化を行います。あらかじめ決められた最適化方法を用いることで最適化にかかる時間を短縮しています。

パラメタ

マッピング

ノード 説明
compiler autoを参照してください。 スカラー デフォルトはterserです。変更できません。
level autoを参照してください。 スカラー デフォルトはWHITESPACE_ONLYです。変更できません。
ab autoを参照してください。 スカラー true または false で指定します。デフォルトはfalseです。
ie11 autoを参照してください。 スカラー true または false で指定します。デフォルトはfalseです。
ie11_cp autoを参照してください。 スカラー デフォルトはbabelです。変更できません。
ie11_ab autoを参照してください。 スカラー true または false で指定します。デフォルトはfalseです。


以下の例では、 /test/ 内の /test/ie 以外のJavaScriptにautoを適用し、 /test/ 外の全てのJavaScript、および、 /test/ie 内のJavaScriptにfastを適用します。

worker:
  js:
  - cmd: auto
    args:
      compiler: gcc,terser
      level: WHITESPACE_ONLY
      ab: true
      ie11: true
      ie11_cp: babel
      ie11_ab: true
    apply:
    - /test/
    exclude:
    - /test/ie
  - cmd: fast
    args:
      compiler: terser
      level: WHITESPACE_ONLY
      ab: false
      ie11: false
      ie11_cp: babel
      ie11_ab: false
    apply:
    - .

css のディレクティブ

Page Speed Technologyのスタイルシート最適化の方法を設定します。ここで指定した最適化は拡張子がcssのコンテンツに適用されます。
複数のworkerディレクティブを指定できますが、同じパスに対しては最初にマッチした最適化方法が適用されます。

auto

デフォルトの方法でスタイルシート最適化を行います。複数の最適化方法を用いたA/Bテストを実施するため、最適化に時間を要します。

パラメタ

マッピング

ノード 説明
compiler スタイルシート最適化に用いるアプリケーションを指定します。 スカラー デフォルトはcssnanoとcleancssです。変更できません。
level 最適化のレベルを指定します。 スカラー デフォルトはWHITESPACE_ONLYです。変更できません。
ab 複数のスタイルシート最適化アプリケーションによるA/Bテストを実施し、よりファイルサイズが小さくなる方を適用します。比較対象はcompilerで指定したアプリケーションになります。 スカラー true または false で指定します。デフォルトはtrueです。
ie11 IE11向けのスタイルシート最適化を有効にします。 スカラー true または false で指定します。デフォルトはtrueです。
ie11_ab IE11向けに複数の方法でスタイルシート最適化するA/Bテストを実施し、よりファイルサイズが小さくなる方を適用します。比較対象はcompilerで指定したアプリケーションになります。 スカラー true または false で指定します。デフォルトはtrueです。

fast

高速な方法でスタイルシート最適化を行います。あらかじめ決められた最適化方法を用いることで最適化にかかる時間を短縮しています。

パラメタ

マッピング

ノード 説明
compiler autoを参照してください。 スカラー デフォルトはcssnanoです。変更できません。
level autoを参照してください。 スカラー デフォルトはWHITESPACE_ONLYです。変更できません。
ab autoを参照してください。 スカラー true または false で指定します。デフォルトはfalseです。
ie11 autoを参照してください。 スカラー true または false で指定します。デフォルトはfalseです。
ie11_ab autoを参照してください。 スカラー true または false で指定します。デフォルトはfalseです。


以下の例では、 /test/ 内の /test/ie 以外のスタイルシートにautoを適用し、 /test/ 外の全てのスタイルシート、および、 /test/ie 内のスタイルシートにfastを適用します。

worker:
  css:
  - cmd: auto
    args:
      compiler: cssnano,cleancss
      level: WHITESPACE_ONLY
      ab: true
      ie11: true
      ie11_ab: true
    apply:
    - /test/
    exclude:
    - /test/ie
  - cmd: fast
    args:
      compiler: cssnano
      level: WHITESPACE_ONLY
      ab: false
      ie11: false
      ie11_ab: false
    apply:
    - .